ワイパー安全活用ガイド をダウンロードしてご活用ください!

6月6日ワイパーの日記念

ワイパーに関する知識を、
ムービーでご紹介!

ワイパーの日特集ページ

ワイパーの日特集ページ

ワイパーの基礎知識

ワイパーの点検・交換は、年1回が目安です。

ワイパーの寿命は約1年。

マーク:年1回ワイパー交換目安一年を通して雨の多い日本では、ワイパーは必需品。視界が悪く、路面もすべりやすくなる雨の日のドライブにおいて、みなさんの安全を守る重要な役割を果たしています。でも、ワイパーに寿命があることは意外と知られていません。ワイパーは、1年間で東京ドーム7個分の面積を拭く(約25~50万回)ほどの過酷な環境で活躍しています。ですから、その傷みはゴムだけでなく、ワイパー本体にも及んでいるのです。クリアな視界を保つためにも、年1回のワイパーの点検・交換を徹底しましょう。

ゴム交換の次は、ワイパー本体の交換を。

ワイパーの交換と言えば、ゴム交換だと思っていませんか。実際「ゴム交換」をすれば一時的に拭き性能はよくなりますが、すぐにまた元にもどってしまいます。その理由は、時間が経つごとにブレード本体自身が傷んでしまうから。ゴムだけでなく、ブレード本体も定期的に交換することで、新車の拭きを取り戻しましょう。


「雪用ワイパー」とは、

「雨用ワイパー」

雪がフレームにたまったり、そのまま凍結

「雪用ワイパー」

フードで金具本体をカバーしているため、、凍結を防止。


降雪時に雨用ワイパーを使用するとフレームに雪がたまったり、凍結することで、スムーズに動かなくなり、拭き性能が大幅に低下致します。これは、たいへん危険です。
そこで、雪の中では、雪用ワイパーをお使いください。
タイヤをスタッドレタイヤに交換するように、ワイパーブレードも「雪用ワイパー」に交換することをお奨め致します。
また、雪用ワイパーは、1年1度の点検・交換をお奨めいたします。

セルフチェックで、ワイパー交換サインを見極めよう!

Check1 フロントガラスでチェック!

Check2 ワイパーをチェック!

ウィンドウの拭き残しや音が気になりだしたら、ワイパーの性能低下が原因です。
今すぐ、点検・交換をおすすめします。